自分で情報を集めよう

有料老人ホームの広告に踊らされないようにするためには、
正確な情報を集める事が大切です。

 

どこにどんな有料老人ホームがあるのか、
インターネットを活用したり、
直接出向いたり、
電話をかけるなどして情報を集めます。

 

市役所から資料を貰ったり、広告を探したり、
ケアマネージャーやソーシャルワーカーに相談する事で、
多くのホームの情報を得る事ができます。

 

また、インターネットで情報を収集するときは、
公的機関のホームページ(各都道府県のホームページ)が安心です。

 

医療や福祉、介護や高齢者のページから、
有料老人ホームの情報を集める事ができます。
しかし、ネット上の情報を鵜呑みにするのではなく、
最終的に決めるときには、
ホームに足を運び、分からない事は質問し、
納得した上で決めるようにしてください。

 

ホームを訪問するときには、「アラを探す」くらいのつもりで
視野を広げてチェックしましょう。

資料請求の仕方

情報を集めたら、さっそく気になるホームの資料を請求しましょう。

 

資料は一箇所だけでなく、複数個所の資料を請求し、
比較するようにすると、視野を広げてチェックすることができます。

 

資料を請求するときには、
パンフレットだけでなく、
「重要事項説明書と財務諸表も入れてください」といってみてください。

 

この二つの書類には、大切な事柄が書いてあります。

 

送ってもらえない(特に財務諸表)ホームもありますが、
その際は、見学のときに見せてもらうと安心です。

 

インターネットで資料を請求するときにも、
「重要事項説明書と財務諸表も入れてください」と記入しておきましょう。