食事の写真は疑わしい

食事の写真や説明は、まず疑ってかかることが必要です。

 

いかにも手をかけていそうな、
おいしそうな、豪華な食事の写真がパンフレットに載っていたりします。

 

豪華すぎる食事は、特別な行事の時にだされる「特別食」かもしれません。

 

本当に毎日豪華な食事であるとするなら、
それは飽きてしまいます。

 

たとえば洋食のフルコースなどで、
毎日ナイフとフォークでいただくのだとすれば、
入居者にとっては苦痛になってしまうこともあるでしょう。

 

また、流動食などを食べる人が、
通常食の写真の情報を見ても意味がありません。

 

食事に関しては、施設の見学に行き、試食させてもらうのが一番です。
また、入居している人に、「食事はおいしいかどうか」尋ねてみるのも良いでしょう。