料金のあいまいな表現に注意

有料老人ホームの料金体系はとても分かりにくいです。

 

ですが、分かるように記載する事が必要だとされているし、
もし分かりにくい表現があれば、
きちんと確認しておく事が大切です。

 

料金のあいまいな表現にも注意しましょう。

 

たとえば、住居費用や介護費用以外に、
「管理費」や「使用料」と表示するだけでは、
その内容がよく分かりません。

 

人件費なのか、人件費である場合はどんな人件費なのか
共用施設の維持管理費用なのか、
おむつ代は含まれているのかなど、
それらの内容が分かるようになっていることが必要です。

 

「介護サービス費用」についても注意しましょう。
内訳を明記する必要があるのは勿論の事ですが、
介護保険の自己負担分とは別に介護一時金などとして
介護サービス費用を徴収する場合、
そのようとは介護保険の対象外のサービスでなければなりません。

 

要介護者以外の入居者に対する生活支援サービス費用が含まれている場合もあります。
その場合も、内訳を明記しなければなりません。

 

介護保険給付つきの対象サービスであれば、
別途介護サービス費用を徴収してはならないのです。

 

また、「イベント」や「おやつ」も別料金なのかどうか確認しましょう。

 

季節行事やカルチャー教室等のイベントが充実しているホーム、
毎日おやつが出るホームなどさまざまです。
こういったホームはサービス面でとても魅力ですが、
費用は別に徴収されるのかどうか確認しましょう。

 

たとえば、「バスツアーに参加する場合はバス代5000円がかかります。」
というような表記が一切なく、
オプショナルツアーのようなものも
最初からついているサービスのようなパンフレットになっているものもあるので
注意しなければなりません。